広告 デッキレシピ

【ポケカ】コライドン&トドロクツキデッキレシピ(古代バレット)

2024年2月3日

古代バレットデッキレシピ

「古代」のポケモンを中心としたデッキを作りたい!

《コライドン》や《トドロクツキ》は、どのカードと組み合わせればいいの?

今回は、「古代」ポケモンで構成した「古代バレット」デッキを紹介します。

《コライドン》&《トドロクツキ》デッキレシピ(古代バレット)

古代バレットデッキレシピ

デッキコード:ySMypM-M67Tpk-yp2S2y

コライドンポケモン(たね)4
トドロクツキポケモン(たね)4
ハバタクカミポケモン(たね)2
チヲハウハネポケモン(たね)2
トドロクツキexポケモン(たね)1
かがやくゲッコウガポケモン(たね)1
ネストボールグッズ4
ハイパーボールグッズ3
大地の器グッズ4
覚醒のドラムグッズ1
すごいつりざおグッズ2
ともだちてちょうグッズ1
いれかえカートグッズ2
ポケギア3.0グッズ2
カウンターキャッチャーグッズ2
ブーストエナジー 古代ポケモンのどうぐ4
オーリム博士の気迫サポート4
探検家の先導サポート4
ポケストップスタジアム2
基本闘エネルギー基本エネルギー4
基本悪エネルギー基本エネルギー7

古代バレットのデッキレシピ解説・デッキの回し方

序盤は《コライドン》が活躍

コライドン》のワザ【げんせいらんだ】は、「自分の場の「古代」のポケモンの数×30ダメージ。」のため、場に古代のポケモンをたくさん展開されているほど、攻撃力がUPします。

  • 「古代」ポケモン1匹:30ダメージ
  • 「古代」ポケモン2匹:60ダメージ
  • 「古代」ポケモン3匹:90ダメージ
  • 「古代」ポケモン4匹:120ダメージ
  • 「古代」ポケモン5匹:150ダメージ
  • 「古代」ポケモン6匹:180ダメージ

また、《ブーストエナジー 古代》を《コライドン》につければ HPは200となり、相手にとって脅威です。(ドラゴンタイプなので、弱点はなく、相手が取れるサイトの枚数は1枚)

中盤以降は《トドロクツキ》が活躍

トドロクツキ》のワザ【あだうちやばね】は、70+「自分のトラッシュにある「古代」のカードの枚数×10ダメージ追加。」のため、自分のトラッシュに「古代」のカードがたくさんほど、攻撃力がUPします。

本デッキには「古代」のカードが合計で30枚入っています。

  • トラッシュに「古代」のカード5枚:120ダメージ(70 + 50)
  • トラッシュに「古代」のカード10枚:170ダメージ(70 + 100)
  • トラッシュに「古代」のカード15枚:220ダメージ(70 + 150)
  • トラッシュに「古代」のカード20枚:270ダメージ(70 + 200)
  • トラッシュに「古代」のカード25枚:320ダメージ(70 + 250)

そのため、トラッシュに「古代」のカードが増えてくる中盤以降に活躍します。

《ハバタクカミ》で相手の動きを妨害する

ハバタクカミ》の特性【あんやのはばたき】は、「このポケモンがバトル場にいるかぎり、相手のバトルポケモンの特性(「あんやのはばたき」をのぞく)は、すべてなくなる。」効果をもつため、相手バトルポケモンの特性を封じることができます。

例えば、《キュワワー》の特性【はなえらび】や、《パオジアンex》の特性【わななくれいき】、《テツノブジンex》の特性【タキオンビット】など、相手のバトル場で使う特性を封じることができます。

《チヲハウハネ》で相手の弱点を突く

古代バレットはさまざまなタイプのポケモンが入っているため、相手の弱点を突く攻撃ができるのも魅力の一つです。

例えば、《チヲハウハネ》は闘タイプのポケモンのため、《ミライドンex》などの雷タイプ(闘が弱点)や超タイプ(一部闘が弱点)、無色タイプ(一部闘が弱点)が相手のときに活躍します。

《トドロクツキex》でHPの高い相手を一撃で「きぜつ」させる

トドロクツキex》のワザ【くるいえぐる 】は、「相手のバトルポケモンをきぜつさせる。その後、このポケモンに200ダメージ。」効果をもつため、HPの高い相手を一撃で「きぜつ」させることができます

またワザ【カラミティストーム】は、100+「のぞむなら、場に出ているスタジアムをトラッシュする。その場合、120ダメージ追加。」効果があるため、場にでているスタジアムをトラッシュすれば 220ダメージ与えることができます。

トドロクツキex》がいれば、相手を一撃で「きぜつ」させることが可能なため、戦略の幅が広がります。

-デッキレシピ