広告 デッキレシピ

【ポケカ】ドドゲザンでうちとる!テツノブジンexデッキレシピ

2024年3月2日

テツノブジンex_ドドゲザンデッキ

「相手のバトルポケモンにダメカンが4個以上のっているなら、そのポケモンをきぜつさせる。」面白いワザだけど、どうやって扱うの?

《ドドゲザン》でデッキを作りたい!

今回は面白いワザをもつ《ドドゲザン》と《テツノブジンex》を組み合わせたデッキを紹介します。

《ドドゲザン》/《テツノブジンex》デッキレシピ

テツノブジンex_ドドゲザンデッキ

デッキコード:gHQnnH-zrU7gd-gngnNg

テツノブジンexポケモン(たね)4
ドドゲザンポケモン(2進化)3
キリキザンポケモン(1進化)1
コマタナポケモン(たね)4
かがやくフーディンポケモン(たね)1
マナフィポケモン(たね)1
ネストボールグッズ2
テクノレーダーグッズ2
なかよしポフィングッズ1
ハイパーボールグッズ3
キャンセルコロングッズ1
ふしぎなアメグッズ3
ポケモンいれかえグッズ4
いれかえカートグッズ4
カウンターキャッチャーグッズ1
ブーストエナジー 未来ポケモンのどうぐ3
ヒーローマントポケモンのどうぐ1
ペパーサポート2
ナンジャモサポート3
博士の研究サポート3
シンオウ神殿スタジアム1
大口の沼スタジアム3
基本鋼エネルギー基本エネルギー4
ジェットエネルギー特殊エネルギー3

《テツノブジンex》デッキレシピ解説・デッキの回し方

《テツノブジンex》の特性で相手のポケモンにダメカンをのせる

この特性でダメカンをのせる

テツノブジンex》の特性【タキオンビット】

自分の番に、このポケモンがベンチからバトル場に出たとき、1回使える。相手のポケモン1匹に、ダメカンを2個のせる。

《テツノブジンex》の特性【タキオンビット】は、このポケモンがベンチからバトル場に出たとき、1回使える。相手のポケモン1匹に、ダメカンを2個のせることができます。

そのため、《テツノブジンex》を場に複数匹だし、《ポケモンいれかえ》《いれかえカート》《ジェットエネルギー》のような入れ替え系のカードを使い、特性【タキオンビット】で相手のポケモンにダメカンをのせましょう

また「未来」のポケモンである《テツノブジンex》に《ブーストエナジー 未来》をつければ、逃げるためのエネルギーがなくなるので便利です。

このポケモンのどうぐが便利!

ブーストエナジー 未来

このカードをつけている「未来」のポケモンは、にげるためのエネルギーがすべてなくなり、そのポケモンが使うワザの、相手のバトルポケモンへのダメージは「+20」される。

《ドドゲザン》のワザで相手のバトルポケモンをうちとる!

このワザですごい!

ドドゲザン》のワザ【うちとる】(鋼エネ1)

相手のバトルポケモンにダメカンが4個以上のっているなら、そのポケモンをきぜつさせる。

《ドドゲザン》のワザ【うちとる】は、相手のバトルポケモンにダメカンが4個以上のっているなら、そのポケモンをきぜつさせることができます。

相手のバトルポケモンを「きぜつ」させるには、ダメカンを4個のせる必要がありますが、《テツノブジンex》の特性【タキオンビット】をつかえば、簡単にダメカンをのせることができ、相性抜群です。

  • 《テツノブジンex》の特性【タキオンビット】で、相手のバトルポケモンにダメカンを2個のせる。
  • ベンチの《テツノブジンex》と入れ替える。
  • 再び《テツノブジンex》の特性【タキオンビット】で、相手のバトルポケモンにダメカンを2個のせる。
  • ベンチの《ドドゲザン》と入れ替える。
  • 《ドドゲザン》のワザ【うちとる】で、相手のバトルポケモンを「きぜつ」させる。

《テツノブジンex》と《ドドゲザン》の連携で相手のバトルポケモンを「うちとる」ことができます。

《大口の沼》でお互いのたねポケモンにダメカンをのせる

このスタジアムがポイント

大口の沼

おたがいのプレイヤーは、それぞれ、手札からたねポケモンをベンチに出すたび、そのポケモンにダメカンを2個のせる。

《テツノブジンex》の特性【タキオンビット】で相手のポケモンにダメカンをのせることはできますが、スタジアム《大口の沼》と併用すれば、より簡単にダメカンをのせることができます。

また、スタジアム《大口の沼》は、「手札からたねポケモンをベンチに出すたび、そのポケモンにダメカンを2個のせる」ため、相手だけでなく自分のポケモンにもダメカンがのります。

そのため、状況によっては《キリキザン》のワザ【しかえしぎり】で攻撃しましょう。

このスタジアムがポイント

キリキザン》のワザ【しかえしぎり】30+(鋼エネ1)

自分のベンチの「コマタナ」全員にのっているダメカンの数×30ダメージ追加。

《大口の沼》は手札からたねポケモンをベンチに出したときに発動します。山札から直接ベンチに出す《ネストボール》や《なかよしポフィン》は対象外なので気をつけましょう。

《かがやくフーディン》で相手の場のポケモンにのっているダメカンをつけ替える

この特性が便利!

かがやくフーディン》の特性【ペインスプーン】

自分の番に1回使える。相手の場のポケモン1匹にのっているダメカンを2個まで選び、相手の別のポケモン1匹にのせ替える。

《かがやくフーディン》の特性【ペインスプーン】は、相手の場のポケモン1匹にのっているダメカンを2個まで選び、相手の別のポケモン1匹にのせ替えることができます。

《ドドゲザン》のワザ【うちとる】で「きぜつ」させるには、ダメカンが2個足りないときや、あと少しで「きぜつ」する相手ポケモンに対し、《かがやくフーディン》の特性【ペインスプーン】でダメカンをつけ替えましょう。

-デッキレシピ
-,