広告 ポケモン解説

【ポケカ】テツノブジンexとチャーレムVでヨガループを発動する

2023年11月25日

テツノブジンexでデッキを作りたいのですが、おすすめな組み合わせはありますか?

チャーレムVと組み合わせると、相手にとって脅威なデッキが作れます。

それは魅力的!

ワザ「ヨガループ」とは

ワザ「ヨガループ」
無色エネルギー2つ
相手のポケモン1匹に、ダメカンを2個のせる。このワザで相手のポケモンがきぜつしたなら、この番が終わったら、もう1回自分の番を始める。前の自分の番に、自分のポケモンが「ヨガループ」を使っていたなら、このワザは使えない。

チャーレムVのワザ「ヨガループ」は「このワザで相手のポケモンがきぜつしたなら、この番が終わったら、もう1回自分の番を始める」という内容であり、なんと2回連続で自分のターンになる反則のようなワザです。

しかし、ワザ「ヨガループ」で相手をきざつさせるのは難易度が高く、あまり利用されていませんでしたが、「テツノブジンex」が登場したことで、進化前の「ビッパ」「ヒトカゲ」「セビエ」「ラルトス」、そして「キュワワー」「ミュウ」「マナフィ」などを狙い、相手の準備が整う前に「ヨガループ」で戦いを有利に進めることが可能になりました。

テツノブジンexの基本情報

種類たね
HP220
タイプ
弱点鋼 ×2
抵抗力-
にげるエネルギー2つ
[特性] タキオンビット自分の番に、このポケモンがベンチからバトル場に出たとき、1回使える。相手のポケモン1匹に、ダメカンを2個のせる。
[ワザ] レーザーブレード
超エネ2つ、無色エネ1つ
200
次の自分の番、このポケモンはワザが使えない。
収録パック拡張パック「未来の一閃」

テツノブジンex + チャーレムVでヨガループを発動するまでの流れ

ヨガループ発動までの流れ

  • テツノブジンexをバトル場に出し、特性「タキオンビット」でダメカンを2個のせる
  • 手順1を何度か繰り返す(相手のHPが60の場合:特性「タキオンビット」2回、相手のHPが70の場合:特性「タキオンビット」3回)
  • チャーレムVをバトル場に出し、ワザ「ヨガループ」で相手のポケモンをきぜつさせる
  • もう1回自分の番を始める

例えば、HP60の「セビエ」を「ヨガループ」で倒す場合、テツノブジンexをバトル場に出し、特性「タキオンビット」でダメカンを2個のせる、続いて、ベンチのテツノブジンexをバトル場に出し、再び特性「タキオンビット」でダメカンを2個のせる、最後にベンチのチャーレムVをバトル場に出し、ワザ「ヨガループ」で相手のポケモンをきぜつさせる、という流れです。

相手のポケモンを「きぜつ」させるだけではなく、もう1回自分の番を始められるので、相手にとっては非常に脅威です。

理屈はわかりますが、そんな思い通りにいくものですか?

たねポケモンが進化する前に「ヨガループ」を発動させたいので、序盤にカードを充実させる必要があります。

「バトルVIPパス」と「イキリンコex」で序盤のカードを充実させる

初回からテツノブジンexをベンチに何枚か並べ特性「タキオンビット」を発動させたいので、「バトルVIPパス」は採用したいカードです。

また「ネストボール」や「ハイパーボール」「バトルVIPパス」などを使って、ポケモンを場に展開したあとにイキリンコexの特性「イキリテイク」で手札を補充しておきたいところです。

バトルVIPパス[グッズ]
このカードは、最初の自分の番にしか使えない。
自分の山札からたねポケモンを2枚まで選び、ベンチに出す。そして山札を切る。
イキリンコex[特性]イキリテイク
最初の自分の番にだけ1回使える。自分の手札をすべてトラッシュし、山札を6枚引く。この番、すでに別の「イキリテイク」を使っていたなら、この特性は使えない。

「ブーストエナジー 未来」と「入れ替え系のカード」でポケモンの入れ替えを充実させる

テツノブジンexの特性「タキオンビット」は、テツノブジンexをベンチからバトル場に出したときしか使えないので、バトル場とベンチの入れ替えを頻繁に行う必要があります。

そのため、テツノブジンexには、にげるためのエネルギーがなくなる「ブーストエナジー 未来」をつけておくと便利です。また「あなぬけのヒモ」や「ポケモンいれかえ」、「いれかえカート」などの入れ替え系のカードを沢山いれておきましょう。

ブーストエナジー 未来[ポケモンのどうぐ]
このカードをつけている「未来」のポケモンは、にげるためのエネルギーがすべてなくなり、そのポケモンが使うワザの、相手のバトルポケモンへのダメージは「+20」される。
あなぬけのヒモ[グッズ]
おたがいのプレイヤーは、それぞれ、自分のバトルポケモンをベンチポケモンと入れ替える。(入れ替えは相手から行う。ベンチがいないプレイヤーは入れ替えをしない。)
ポケモンいれかえ[グッズ]
自分のバトルポケモンをベンチポケモンと入れ替える。
いれかえカート[グッズ]
自分のバトル場のたねポケモンをベンチポケモンと入れ替える。その後、ベンチに入れ替えたポケモンのHPを「30」回復する。

その他、採用したいカード

グッズ「テクノレーダー」は未来のポケモンしか持ってこれませんが、テツノブジンexを2枚手札に加えることができます。

また「森の封印石」は、チャーレムVにつけることができ、自分の山札から好きなカードを1枚持ってこれるので、非常に役に立つカードです。

その他にも「博士の研究」や「ナンジャモ」、ワザ「ヨガループ」を使う際に便利な「ダブルターボエネルギー」なども採用したいカードです。

テクノレーダー[グッズ]
このカードは、自分の手札を1枚トラッシュしなければ使えない。
自分の山札から「未来」のポケモンを2枚まで選び、相手に見せて、手札に加える。そして山札を切る。
森の封印石[ポケモンのどうぐ]
ポケモンのどうぐは、自分のポケモンにつけて使う。ポケモン1匹につき1枚だけつけられ、つけたままにする。

VSTARパワー 特性[スターアルケミー]
このカードをつけている「ポケモンV」は、このVSTARパワーを使える。
自分の番に使える。自分の山札から好きなカードを1枚選び、手札に加える。そして山札を切る。[対戦中、自分はVSTARパワーを1回しか使えない。]
博士の研究[サポート]
自分の手札をすべてトラッシュし、山札を7枚引く。
ナンジャモ[サポート]
おたがいのプレイヤーは、それぞれ自分の手札をすべてウラにして切り、山札の下にもどす。その後、それぞれ自分のサイドの残り枚数ぶん、山札を引く。
ダブルターボエネルギー[特殊エネルギー]
このカードは、ポケモンについているかぎり、エネルギー2個ぶんとしてはたらく。
このカードをつけているポケモンが使うワザの、相手のポケモンへのダメージは「-20」される。

-ポケモン解説