広告 デッキレシピ

【ポケカ】サバイブギプスで強化!アンノーンVSTARデッキレシピ(クエスパトラ型)

アンノーンVSTARデッキレシピ

「相手の場のポケモン全員の弱点は、すべて超タイプになる」魅力的なワザの効果!

《アンノーンVSTAR》のワザは魅力的だけど使い方が難しい...

今回は《サバイブギプス》で強化された《アンノーンVSTAR》デッキレシピを紹介します。

《アンノーンVSTAR》デッキレシピ(クエスパトラ型)

アンノーンVSTARデッキレシピ

デッキコード:XpRpXy-Yo1Kbb-2p2yU3

アンノーンVSTARポケモン(V進化)2
アンノーンVポケモン(たね)2
ネイティオポケモン(1進化)3
ネイティポケモン(たね)3
クエスパトラポケモン(1進化)3
ヒラヒナポケモン(たね)3
ディアンシーポケモン(たね)1
マナフィポケモン(たね)1
なかよしポフィングッズ4
ハイパーボールグッズ3
ネストボールグッズ2
カウンターキャッチャーグッズ1
大地の器グッズ4
ロストスイーパーグッズ1
ヒスイのヘビーボールグッズ1
サバイブギプスポケモンのどうぐ1
葉隠れポンチョポケモンのどうぐ1
ワザマシン エヴォリューションポケモンのどうぐ1
まけんきハチマキポケモンのどうぐ1
リップサポート3
ボスの指令サポート1
ナンジャモサポート2
博士の研究サポート1
ペパーサポート3
ヒナツサポート1
タウンデパートスタジアム1
基本超エネルギー基本エネルギー10
ダブルターボエネルギー特殊エネルギー1

《アンノーンVSTAR》デッキレシピ解説・デッキの回し方

このワザがすごい!

アンノーンVSTAR》のワザ【スターサイファー】(無色エネ3)

このポケモンは、場をはなれるまで「相手の場のポケモン全員の弱点は、すべて超タイプになる。」という効果の特性を持つ。[弱点は「×2」で計算する。][対戦中、自分はVSTARパワーを1回しか使えない。]

《アンノーンVSTAR》のワザ【スターサイファー】は、「相手の場のポケモン全員の弱点は、すべて超タイプにする」という魅力的なワザです。

しかし、ワザ【スターサイファー】を使った《アンノーンVSTAR》が場をはなれるまで、という条件があるため、次の過程を行う間に《アンノーンVSTAR》が倒されてしまい、ワザの効果を成立させるには難易度が高い!というデメリットがありました。

  • 《アンノーンV》から《アンノーンVSTAR》に進化する
  • 《アンノーンVSTAR》にエネルギーを3個つける
  • 《アンノーンVSTAR》をバトル場に出し、ワザ【スターサイファー】を使う
  • 《アンノーンVSTAR》をバトル場からベンチにもどす

バトル場に出して、ワザを使う必要があるので、ベンチに戻す前に相手にワンパンされてしまう...

ワザを使いベンチに戻しても、《ボスの指令》で呼び出されてワンパンされてしまう...

この問題を解決するのが、ACE SPECカードの《サバイブギプス》です。

《サバイブギプス》で《アンノーンVSTAR》を守る

このACE SPECがすごい!

サバイブギプス

このカードをつけているポケモンのHPがまんたんの状態で、相手のポケモンからワザのダメージを受けてきぜつするとき、そのポケモンはきぜつせず、残りHPが「10」の状態で場に残る。その後、このカードをトラッシュする。

強化拡張パック「クリムゾンヘイズ」に収録されている《サバイブギプス》は、「HPがまんたんの状態で、相手のポケモンからワザのダメージを受けてきぜつするとき、そのポケモンはきぜつせず、残りHPが「10」の状態で場に残る」という効果を持ったACE SPECカードです。

そのため、《アンノーンVSTAR》に《サバイブギプス》をつければ、1度攻撃を耐えてくれます。

1度攻撃を耐えるので、《アンノーンVSTAR》のワザ【スターサイファー】を使ったあと、相手にパンワンされる心配がありません

相手にパンワンされないので、《アンノーンVSTAR》をベンチにもどし、必要に応じて《葉隠れポンチョ》をつけて、《ボスの指令》でバトル場に呼び出されないようにしましょう。

(※ベンチにもどした《アンノーンVSTAR》にダメカンがのっていない かつ 《サバイブギプス》がついている状態であれば、《葉隠れポンチョ》をつける必要ありません。ダメカンがのっている状態で《サバイブギプス》がついている場合は、《ロストスイーパー》で《サバイブギプス》をロストゾーンに置き、《葉隠れポンチョ》をつけておくと安全です。)

Memo

葉隠れポンチョ

ポケモンのどうぐは、自分のポケモンにつけて使う。ポケモン1匹につき1枚だけつけられ、つけたままにする。

このカードをつけている「ポケモンVSTAR・VMAX」は、相手が手札からサポートを出して使ったとき、その効果を受けない。

《カウンターキャッチャー》は防げないので、相手のトラッシュ確認とサイドの数を意識しながらプレイしましょう。または《ビワ》を採用するのいいでしょう。

《ネイティオ》で「エネ加速」しながらデッキを回していく

この特性でエネ加速する

ネイティオ》の特性【アカシックセンス】

自分の番に1回使える。自分の手札から「基本超エネルギー」を1枚選び、ベンチポケモンにつける。その後、自分の山札を2枚引く。

《アンノーンVSTAR》のワザ【スターサイファー】は、無色エネルギーが3個必要です。

《アンノーンVSTAR》は相手に狙われます。《アンノーンV》を《アンノーンVSTAR》に進化、エネルギーを3個つける。この作業はすばやく行う必要があります。

《アンノーンV》を場に出して、次のターンで進化し、ワザ【スターサイファー】を使いましょう。

《ネイティオ》の特性【アカシックセンス】は、「自分の手札から「基本超エネルギー」を1枚選び、ベンチポケモンにつけ、その後、山札を2枚引く」効果があります。

《ネイティオ》を場に複数匹展開すれば、一気に「エネ加速」できます。

《クエスパトラ》の特性【みきわめ】で防御、ワザは280の火力を誇る!

この特性で身を守る

クエスパトラ》の特性【みきわめ】

自分の番に、このカードを手札から出して進化させたとき、1回使える。次の相手の番の終わりまで、このポケモンは、相手のポケモンからワザのダメージや効果を受けない。

《クエスパトラ》の特性【みきわめ】は、次の相手の番の終わりまで、相手のポケモンからワザのダメージや効果を受けません

進化したときだけ、という条件があるので、バトル場に出すタイミングで《クエスパトラ》に進化しましょう。

「ワザのダメージや効果を受けない = 無敵状態」魅力的な特性!

このワザがポイント

クエスパトラ》のワザ【グリッターアイズ】+70(超エネ2)

自分のトラッシュに「リップ」があるなら、70ダメージ追加。

また、ワザ【グリッターアイズ】は、トラッシュに「リップ」があるという条件つきですが、相手のバトルポケモンに140ダメージ与えます。

ただ140ダメージでは、HPの高いポケモンはワンパンできません。

本デッキは、《アンノーンVSTAR》のワザの効果で、相手の場のポケモン全員の弱点を、超タイプにします。

そのため、《クエスパトラ》のワザ【グリッターアイズ】の火力は280 (140×2※弱点) まで上がります。

さらに《まけんきハチマキ》をつければ、火力は340 ((140+30)×2※弱点) まで上がり、HP330の《リザードンex》をワンパンできます。

《アンノーンVSTAR》のワザ【スターサイファー】の効果が発動しているときは、相手にとって脅威のデッキです。

-デッキレシピ
-