広告 デッキレシピ

【ポケカ】サバイブギプスで強化!ルギアVSTARデッキレシピ

2024年3月28日

ルギアVSTARデッキレシピ

《サバイブギプス》を採用したデッキを作りたい!

《サバイブギプス》はどのポケモンと相性がいいの?

今回は《サバイブギプス》で強化された《ルギアVSTAR》のデッキレシピを紹介します。

《ルギアVSTAR》デッキレシピ

ルギアVSTARデッキレシピ

デッキコード:RMypEE-bJpr0X-yX2XUS

ルギアVSTARポケモン(V進化)3
ルギアVポケモン(たね)3
アーケオスポケモン(2進化)4
チラチーノポケモン(1進化)3
チラーミィポケモン(たね)3
カビゴンポケモン(たね)1
ガチグマ アカツキexポケモン(たね)1
ネオラントVポケモン(たね)1
ハイパーボールグッズ4
キャプチャアロマグッズ4
スーパーボールグッズ3
サバイブギプスポケモンのどうぐ1
ナンジャモサポート4
ボスの指令サポート3
セレナサポート3
崩れたスタジアムスタジアム2
ダブルターボエネルギー特殊エネルギー4
ェットエネルギー特殊エネルギー4
ギフトエネルギー特殊エネルギー4
ミストエネルギー特殊エネルギー3
セラピーエネルギー特殊エネルギー1
Vガードエネルギー特殊エネルギー1

《ルギアVSTAR》デッキレシピ解説・デッキの回し方

特性【アッセンブルスター】で《アーケオス》をベンチに出す

この特性がポイント!

ルギアVSTAR》の特性【アッセンブルスター】

自分の番に使える。自分のトラッシュから無色ポケモン(「ルールを持つポケモン」をのぞく)を2枚まで選び、ベンチに出す。[対戦中、自分はVSTARパワーを1回しか使えない。]

《ルギアVSTAR》の特性【アッセンブルスター】は、「自分のトラッシュから無色ポケモン(「ルールを持つポケモン」をのぞく)を2枚まで選び、ベンチに出す」効果があります。

そのため、序盤は山札にある《アーケオス》をトラッシュし、《ルギアVSTAR》の特性【アッセンブルスター】でベンチに出しましょう。

《アーケオス》を早いターンでベンチに出せれば、バトルを有利に進められます。

《アーケオス》で場のポケモンにエネルギーを加速する

この特性がポイント!

アーケオス》の特性【プライマルターボ】

自分の番に1回使える。自分の山札から特殊エネルギーを2枚まで選び、自分のポケモン1匹につける。そして山札を切る。

《アーケオス》の特性【プライマルターボ】は、自分の山札から特殊エネルギーを2枚まで選び、自分のポケモン1匹につけられます

《ルギアVSTAR》の特性【アッセンブルスター】で、《アーケオス》を2匹ベンチに展開できれば、一気に「エネ加速」できます。

火力のある《チラチーノ》にエネルギーを加速していきましょう。

《チラチーノ》のワザ【スペシャルころころ】のダメージは青天井!

このワザがすごい!

チラチーノ》のワザ【スペシャルころころ】70×(無色エネ2)

このポケモンについている特殊エネルギーの枚数×70ダメージ。

《チラチーノ》のワザ【スペシャルころころ】は、「特殊エネルギーの枚数×70ダメージ」を相手のバトルポケモンに与えられます。

《アーケオス》がベンチに2匹いれば、特性【プライマルターボ】で特殊エネルギーを4枚つけられます。手張りを含めたら5枚つけられるので、相手のバトルポケモンをワンパンできます。

  • 特殊エネルギー1枚:70ダメージ
  • 特殊エネルギー2枚:140ダメージ
  • 特殊エネルギー3枚:210ダメージ
  • 特殊エネルギー4枚:280ダメージ
  • 特殊エネルギー5枚:350ダメージ

《チラチーノ》と《サバイブギプス》の相性は抜群!

このポケモンのどうぐがすごい!

サバイブギプス

このカードをつけているポケモンのHPがまんたんの状態で、相手のポケモンからワザのダメージを受けてきぜつするとき、そのポケモンはきぜつせず、残りHPが「10」の状態で場に残る。その後、このカードをトラッシュする。

《チラチーノ》のワザ【スペシャルころころ】は、相手に大ダメージを与える優秀なワザですが、HPが低いので基本的に次のターンで倒されてしまいます。

《サバイブギプス》は、「HPがまんたんの状態で、相手のポケモンからワザのダメージを受けてきぜつするとき、そのポケモンはきぜつせず、残りHPが「10」の状態で場に残る」という効果を持ったACE SPECカードです。

《サバイブギプス》の良いところは、どんなにHPが低いポケモンでも、1度攻撃を耐えてくれるところです

《チラチーノ》に《サバイブギプス》をつければ、1度は攻撃を耐えてくれるので、もう一度相手のバトルポケモンに大ダメージを与えられるので、《チラチーノ》1匹でサイドを4枚とることも可能です。

  • 《チラチーノ》のワザ【スペシャルころころ】で、相手のバトルポケモン(※サイド2枚のポケモン)を倒す。(サイドを2枚とる)
  • 《サバイブギプス》で相手の攻撃を耐える(HP10の状態でバトル場に残る)
  • 《チラチーノ》のワザ【スペシャルころころ】で、相手のバトルポケモン(※サイド2枚のポケモン)を倒す。(サイドを2枚とる)

《サバイブギプス》がついている《チラチーノ》は、相手にとって脅威です。

《ガチグマ アカツキex》で《テツノカイナex》対策

このワザが天敵!

テツノカイナex》のワザ【ごっつあんプリファイ】120(雷エネ1、無色エネ3)

このワザのダメージで、相手のポケモンがきぜつしたなら、サイドを1枚多くとる。

序盤から《テツノカイナex》のワザ【ごっつあんプリファイ】を使ってくるデッキとの相性は最悪です。

《ルギアV》は雷弱点のため、《テツノカイナex》のワザ【ごっつあんプリファイ】で倒されてしまい、サイドを3枚とられ、HP230の《テツノカイナex》が相手のバトル場に残ります。

もしくは

《チラチーノ》が《テツノカイナex》のワザ【ごっつあんプリファイ】で倒されてしまい、サイドを2枚とられ、HP230の《テツノカイナex》が相手のバトル場にバトル場に残ります。

《チラチーノ》が用意できてない場合は、ルギアではHP230の《テツノカイナex》をワンパンできず、再びワザ【ごっつあんプリファイ】でサイドを取られてしまいます。

《チラチーノ》が用意できた場合は、HP230の《テツノカイナex》をワンパンできますが、《ヘビーバトン》によってエネのついた《テツノカイナex》が再びバトル場に。

《テツノカイナex》天敵すぎる...

この特性がポイント!

ガチグマ アカツキex》の特性【ろうれんのわざ】

相手がすでにとったサイドの枚数ぶん、このポケモンが「ブラッドムーン」を使うための無色エネルギーは少なくなる。

《ガチグマ アカツキex》は、HP230の《テツノカイナex》をワンパンできます。

特性【ろうれんのわざ】でワザを使うエネルギーは少なくなるので、足りない分のエネルギーは《アーケオス》で加速しましょう。

  • 《テツノカイナex》のワザ【ごっつあんプリファイ】で《チラチーノ》が倒される
  • 《ガチグマ アカツキex》で《テツノカイナex》を倒す
  • エネのついた《テツノカイナex》が再びバトル場にでてきても、《ガチグマ アカツキex》をワンパンできない

《ガチグマ アカツキex》は使い勝手のよいポケモンなので、いろいろなデッキに採用できます。

-デッキレシピ
-,