広告 デッキレシピ

【ポケカ】「ほりにげフラッシュ」で無限ループ!ノココッチデッキレシピ

2024年4月4日

ノココッチデッキレシピ

《ノココッチ》のワザ【ほりにげフラッシュ】を活かせるデッキを作りたい!

《ノココッチ》はどのカードと相性がいいの?

今回は面白いワザを持つ《ノココッチ》のデッキレシピを紹介します。

《ノココッチ》デッキレシピ(メタング/ビーダル)

ノココッチデッキレシピ

デッキコード:GcxJ4x-45LtlO-48c4cc

ノココッチポケモン(1進化)4
ノコッチポケモン(たね)4
メタングポケモン(1進化)3
ダンバルポケモン(たね)3
ビーダルポケモン(1進化)2
ビッパポケモン(たね)2
マナフィポケモン(たね)1
なかよしポフィングッズ4
ハイパーボールグッズ3
ネストボールグッズ2
カウンターキャッチャーグッズ1
ともだちてちょうグッズ1
すごいつりざおグッズ1
ワザマシン デヴォリューションポケモンのどうぐ1
サバイブギプスポケモンのどうぐ1
ヒナツサポート2
ビワサポート1
ナンジャモサポート2
ペパーサポート1
ミモザサポート2
ボウルタウンスタジアム2
タウンデパートスタジアム1
基本鋼エネルギー基本エネルギー12
リバーサルエネルギー特殊エネルギー3
ダブルターボエネルギー特殊エネルギー1

《ノココッチ》デッキレシピ解説・デッキの回し方

《ノココッチ》のワザ【ほりにげフラッシュ】で無限ループ!

このワザがポイント!

ノココッチ》のワザ【ほりにげフラッシュ】100(無色エネ4)

相手のバトルポケモンをマヒにする。このポケモンと、ついているすべてのカードを、自分の山札にもどして切る。

《ノココッチ》のワザ【ほりにげフラッシュ】は、相手のバトルポケモンに100ダメージを与え、マヒにします。そして、ワザを使った《ノココッチ》とついているすべてのカードを、山札にもどす効果があります。

「マヒ」は特殊状態のひとつで、「マヒ」になったポケモンは、そのあとの自分の番、ワザと「にげる」が使えません。

マヒを回復する手段は以下です。

  • 入れ替え系のカードを使ってベンチにもどす
  • 進化する
  • 特殊状態を治すトレーナーズを使う
  • 自分の番を1回すごした後のポケモンチェックで回復する

マヒが回復できなければ、相手は自分の番にワザが使えません。

《ノココッチ》のワザ【ほりにげフラッシュ】の特性を利用して、次のような動きを目指します。

  • 《ノココッチ》のワザ【ほりにげフラッシュ】を使って、相手のバトルポケモンをマヒにする
  • ワザを使った《ノココッチ》とついているすべてのカードは山札にもどる
  • ベンチの《ノココッチ》をバトル場に出す

相手のバトルポケモンはマヒ状態なので、マヒが回復できなければワザが使えません。そこで①~③の手順を繰り返し行います。

《ノココッチ》のワザ【ほりにげフラッシュ】で相手のバトルポケモンを倒したときや、マヒ状態を回復してきたとき、相手はワザを使ってきます。

そこで、バトル場にいる《ノココッチ》に《サバイブギプス》をつけておけば、倒される心配はありません

ダメージを負っても、自分の番にワザ【ほりにげフラッシュ】を使えば、《ノココッチ》とついているすべてのカードは、山札にもどります。

《サバイブギプス》より《ハイパーアロマ》を採用した方が、1進化ポケモンを手札に加えやすくなるので、デッキは安定するかもしれません。

Memo

サバイブギプス

このカードをつけているポケモンのHPがまんたんの状態で、相手のポケモンからワザのダメージを受けてきぜつするとき、そのポケモンはきぜつせず、残りHPが「10」の状態で場に残る。その後、このカードをトラッシュする。

Memo

ハイパーアロマ

自分の山札から1進化ポケモンを3枚まで選び、相手に見せて、手札に加える。そして山札を切る。

《メタング》でエネルギーを加速する

この特性でエネ加速する!

メタング》の特性【メタルメーカー】

自分の番に1回使える。自分の山札を上から4枚見て、その中から「基本鋼エネルギー」を好きなだけ選び、自分のポケモンに好きなようにつける。残りのカードはすべてウラにして切り、山札の下にもどす。

《ノココッチ》のワザ【ほりにげフラッシュ】を使うには、無色エネルギーが4個必要です。

そのため、一気にエネルギーを加速できるポケモンが必要です。

《アーケオス》と《メタング》で悩んだ結果、本デッキでは《メタング》を採用しています。

Memo

アーケオス》の特性【プライマルターボ】

自分の番に1回使える。自分の山札から特殊エネルギーを2枚まで選び、自分のポケモン1匹につける。そして山札を切る。

確定でエネルギーを加速できる《アーケオス》とは違い、運要素のある《メタング》は序盤、エネルギー加速に苦労するかもしれませんが、《アーケオス》をベンチに出すには労力がかかります。

山札を圧縮し、特性【メタルメーカー】の成功確率を上げていきましょう。

また、《ノココッチ》は進化ポケモンなので、《リバーサルエネルギー》の効果が働きます。《リバーサルエネルギー》や《ダブルターボエネルギー》を使い、足りないエネルギーを補充します。

Memo

リバーサルエネルギー

このカードは、ポケモンについているかぎり、無色エネルギー1個ぶんとしてはたらく。

自分のサイドの残り枚数が、相手のサイドの残り枚数より多いなら、このカードは、進化ポケモン(「ルールを持つポケモン」をのぞく)についているかぎり、すべてのタイプのエネルギー3個ぶんとしてはたらく。

《ワザマシン デヴォリューション》で進化ポケモンを退化させる

このワザで退化させる

ワザマシン デヴォリューション》のワザ【デヴォリューション】(無色エネ1)

相手の進化しているポケモン全員の上から、それぞれ「進化カード」を1枚ずつはがして退化させる。はがしたカードは、相手の手札にもどす

《ノココッチ》のワザ【ほりにげフラッシュ】は、相手のバトルポケモンに100ダメージしか与えません。

そのため、HPの高いポケモンを倒すには苦労します。

そこで、《ワザマシン デヴォリューション》を使い、進化ポケモンを退化させましょう。

例えば、《リザードンex》のHPは330ですが、進化前の《リザード》のHPは100もしくは90です。

《ノココッチ》のワザ【ほりにげフラッシュ】で100ダメージ与えたあとに、《ワザマシン デヴォリューション》のワザ【デヴォリューション】を使えば、《リザードンex》は《リザード》(《ふしぎなアメ》を使っている場合は《ヒトカゲ》)に退化するので、きぜつします。

相手を倒さなくても、《ふしぎなアメ》で進化した《セグレイブ》や《ピジョットex》《リザードンex》などの2進化ポケモンを退化させるだけでも、価値ありです。

-デッキレシピ
-,