広告 エネ加速手段

【ポケカ】鋼タイプの「エネ加速」手段まとめ(レギュレーションF・G・H)

メタングデッキレシピ.

鋼タイプのポケモンにエネルギーを加速するには、どんな手段があるの?

「エネ加速」が上手くできれば、強いデッキが作れる!

今回は鋼タイプの「エネ加速」手段を紹介します。

鋼タイプのおすすめ「エネ加速」手段まとめ

メタング

この特性でエネ加速する

メタング》の特性【メタルメーカー】

自分の番に1回使える。自分の山札を上から4枚見て、その中から「基本鋼エネルギー」を好きなだけ選び、自分のポケモンに好きなようにつける。残りのカードはすべてウラにして切り、山札の下にもどす。

《メタング》の特性【メタルメーカー】は、自分の山札を上から4枚見て、その中から「基本鋼エネルギー」を好きなだけ選び、自分のポケモンに好きなようにつけることができます。

また、残りのカードはすべてウラにして切り、山札の下にもどすため、山札がシャッフルされない限り「基本鋼エネルギー」を引く確率がアップしてきます。

《メタング》を場に複数展開し、特性【メタルメーカー】で「エネ加速」していきましょう。

《メタング》が場に2匹いれば2回、3匹いれば3回、特性【メタルメーカー】が使えるので、一気に「エネ加速」できます。

ジバコイル

この特性でエネ加速する

ジバコイル》の特性【ギガマグネット】

自分の番に1回使える。自分の山札を上から6枚見て、その中から鋼エネルギーを好きなだけ選び、自分のポケモンに好きなようにつける。残りのカードは山札にもどして切る。

《ジバコイル》の特性【ギガマグネット】は、自分の山札を上から6枚見て、その中から鋼エネルギーを好きなだけ選び、自分のポケモンに好きなようにつけることができます。

《メタング》と同じような特性を持っていますが、下記が異なります。

《メタング》の特性【メタルメーカー】

  • 山札を上から4枚見る
  • 残りのカードはすべてウラにして切り、山札の下にもどす
  • 1進化ポケモン

《ジバコイル》の特性【ギガマグネット】

  • 山札を上から6枚見る
  • 残りのカードは山札にもどして切る
  • 2進化ポケモン

2進化ポケモンのため、1進化ポケモンの《メタング》よりやや扱いづらいですが、一気に「エネ加速」できます。

その他の「エネ加速」手段

名前種類説明
ミラージュゲートグッズこのカードは、自分のロストゾーンにカードが7枚以上あるときにしか使えない。
自分の山札から、それぞれちがうタイプの基本エネルギーを2枚まで選び、自分のポケモンに好きなようにつける。そして山札を切る。
あとだしターボグッズこのカードは、後攻プレイヤーの最初の番しか使えず、使ったら、自分の番は終わる。
自分の山札から基本エネルギーを1枚選び、自分のポケモンにつける。そして山札を切る。
エネルギーシールグッズコインを1回投げオモテなら、自分のトラッシュから基本エネルギーを1枚選び、ベンチポケモンにつける。
エネルギつけかえグッズ自分の場のポケモンについている基本エネルギーを1個選び、自分の別のポケモンにつけ替える。
オモダカサポートこのカードを使った番の終わりまで、自分のポケモン全員は、ワザが使えない。(新しく場に出したポケモンもふくむ。)
自分の山札から基本エネルギーを2枚まで選び、自分のポケモン1匹につける。そして山札を切る。
サカキのカリスマサポート相手のバトルポケモンについているエネルギーを1個選び、相手の手札にもどす。その後、自分の手札からエネルギーを1枚選び、バトルポケモンにつける。
オーリム博士の気迫サポート自分の「古代」のポケモンを2匹まで選び、トラッシュから基本エネルギーを1枚ずつつける。その後、自分の山札を3枚引く。
マリィのプライドサポート自分のトラッシュから基本エネルギーを1枚選び、ベンチポケモンにつける。
ポピーサポート自分の場のポケモン1匹についているエネルギーを2個まで選び、自分の別のポケモン1匹につけ替える。
ワザマシン エナジーターボポケモンのどうぐ自分の山札から基本エネルギーを2枚まで選び、ベンチポケモンに好きなようにつける。そして山札を切る。
ヘビーバトンポケモンのどうぐこのカードをつけているにげるためのエネルギーが4個のポケモンが、バトル場で相手のポケモンからワザのダメージを受けてきぜつしたとき、そのポケモンについている基本エネルギーを3枚まで選び、自分のベンチポケモンに好きなようにつけ替える。
学習装置ポケモンのどうぐ自分のバトルポケモンが、相手のポケモンからワザのダメージを受けてきぜつするたび、そのポケモンについている基本エネルギーを1枚選び、このカードをつけているポケモンにつけ替えてよい。

-エネ加速手段