広告 エネ加速手段

【ポケカ】炎タイプの「エネ加速」手段まとめ(レギュレーションF・G・H)

2024年2月10日

炎タイプの「エネ加速」手段が知りたい!

「エネ加速」が上手くできれば、強いデッキが作れる!

今回はレギュレーションマークF・G・Hを対象に炎タイプの「エネ加速」手段を紹介します。

炎タイプのおすすめ「エネ加速」手段まとめ

マグマの滝壺

スタジアム《マグマの滝壺》は、「おたがいのプレイヤーは、自分の番ごとに1回、自分のトラッシュから炎エネルギーを1枚選び、自分のベンチの炎ポケモンにつけてよい。その場合、つけたポケモンにダメカンを2個のせる。」効果をもつため、トラッシュにある炎エネルギーを、ベンチの炎ポケモンにつけることができます

マグマの滝壺》は炎エネルギーだけではなく、ダメカンをのせる効果があるため、ダメカンがのっていると攻撃力が上がる《かがやくヒードラン》や《リザードンVSTAR》のようなポケモンとの相性は抜群です。

グレンアルマ

グレンアルマ》の特性【ひおくり】は、「自分の番に何回でも使える。自分のベンチポケモンについている炎エネルギーを1個選び、バトルポケモンにつけ替える。」効果があるため、ベンチポケモンについている炎エネルギーを、バトルポケモンにつけ替えることができます。

マグマの滝壺》はベンチポケモンにしか炎エネルギーをつけることができないため、《グレンアルマ》がいれば炎エネルギーをバトル場のポケモンにつけ替えることができます。

エネルギつけかえ》と同じような効果ですが、《グレンアルマ》は自分の番に何回でも使えます

Memo

エネルギつけかえ

自分の場のポケモンについている基本エネルギーを1個選び、自分の別のポケモンにつけ替える。

また「古代」のポケモンであれば《オーリム博士の気迫》によって、トラッシュから「古代」ポケモン2匹に基本エネルギーを1枚ずつつけられるので、《マグマの滝壺》と《オーリム博士の気迫》でつけた炎エネルギー3個を、《グレンアルマ》の特性【ひおくり】で、バトル場のポケモンにつけかえることも可能です。

Memo

オーリム博士の気迫

自分の「古代」のポケモンを2匹まで選び、トラッシュから基本エネルギーを1枚ずつつける。その後、自分の山札を3枚引く。

メロコ

メロコ》は、「このカードは、前の相手の番に、自分のポケモンがきぜつしていなければ使えない。自分のトラッシュから「基本炎エネルギー」を1枚選び、自分のポケモンにつける。その後、自分の手札が6枚になるように、山札を引く。」効果があるため、トラッシュにある炎エネルギーを自分のポケモンにつけることができます

また「自分の手札が6枚になるように、山札を引く。」という効果もあるので、デッキを安定させる役割としても使えるカードですが「前の相手の番に、自分のポケモンがきぜつしていなければ使えない。」という条件があるので、やや使いづらいカードです。

リザードンex (テラスタル)

リザードンex》の特性【れんごくしはい】は、「自分の番に、このカードを手札から出して進化させたとき、1回使える。自分の山札から「基本炎エネルギー」を3枚まで選び、自分のポケモンに好きなようにつける。そして山札を切る。」という非常に優秀な効果をもった特性です。

リザードンex》自身につけてアタッカーとして戦うのもよし、他ポケモンにつけてサポート役になるのもよし、と戦略の幅が広がります。

イーユイex

リザードンex》のワザ【フレイムサージ】は、100ダメージ「自分のベンチポケモンを3匹まで選び、山札から「基本炎エネルギー」を1枚ずつつける。そして山札を切る。」という効果をもつため、相手バトル場のポケモンに100ダメージを与えつつ、ベンチのポケモン3匹に、山札から炎エネルギーをつけることができます

ワザを使うためのエネルギーが2個(炎エネルギー2個)、逃げるためのエネルギーが1個なので、非常に扱いやすいポケモンです。

-エネ加速手段