広告 エネ加速手段

【ポケカ】炎タイプの「エネ加速」手段まとめ(レギュレーションF・G・H)

2024年2月10日

アルセウス_グレンアルマデッキレシピ

炎タイプの「エネ加速」手段が知りたい!

「エネ加速」が上手くできれば、強いデッキが作れる!

今回はレギュレーションマークF・G・Hを対象に炎タイプの「エネ加速」手段を紹介します。

炎タイプのおすすめ「エネ加速」手段まとめ

マグマの滝壺

スタジアム《マグマの滝壺》は、「おたがいのプレイヤーは、自分の番ごとに1回、自分のトラッシュから炎エネルギーを1枚選び、自分のベンチの炎ポケモンにつけてよい。その場合、つけたポケモンにダメカンを2個のせる。」効果をもつため、トラッシュにある炎エネルギーを、ベンチの炎ポケモンにつけることができます

マグマの滝壺》は炎エネルギーだけではなく、ダメカンをのせる効果があるため、ダメカンがのっていると攻撃力が上がる《かがやくヒードラン》や《リザードンVSTAR》のようなポケモンとの相性は抜群です。

グレンアルマ

グレンアルマ》の特性【ひおくり】は、「自分の番に何回でも使える。自分のベンチポケモンについている炎エネルギーを1個選び、バトルポケモンにつけ替える。」効果があるため、ベンチポケモンについている炎エネルギーを、バトルポケモンにつけ替えることができます。

マグマの滝壺》はベンチポケモンにしか炎エネルギーをつけることができないため、《グレンアルマ》がいれば炎エネルギーをバトル場のポケモンにつけ替えることができます。

《エネルギーつけかえ》と同じような効果ですが、《グレンアルマ》は自分の番に何回でも使えます

Memo

エネルギーつけかえ

自分の場のポケモンについている基本エネルギーを1個選び、自分の別のポケモンにつけ替える。

また「古代」のポケモンであれば《オーリム博士の気迫》によって、トラッシュから「古代」ポケモン2匹に基本エネルギーを1枚ずつつけられるので、《マグマの滝壺》と《オーリム博士の気迫》でつけた炎エネルギー3個を、《グレンアルマ》の特性【ひおくり】で、バトル場のポケモンにつけかえることも可能です。

Memo

オーリム博士の気迫

自分の「古代」のポケモンを2匹まで選び、トラッシュから基本エネルギーを1枚ずつつける。その後、自分の山札を3枚引く。

メロコ

メロコ》は、「このカードは、前の相手の番に、自分のポケモンがきぜつしていなければ使えない。自分のトラッシュから「基本炎エネルギー」を1枚選び、自分のポケモンにつける。その後、自分の手札が6枚になるように、山札を引く。」効果があるため、トラッシュにある炎エネルギーを自分のポケモンにつけることができます

また「自分の手札が6枚になるように、山札を引く。」という効果もあるので、デッキを安定させる役割としても使えるカードですが「前の相手の番に、自分のポケモンがきぜつしていなければ使えない。」という条件があるので、やや使いづらいカードです。

リザードンex (テラスタル)

リザードンex》の特性【れんごくしはい】は、「自分の番に、このカードを手札から出して進化させたとき、1回使える。自分の山札から「基本炎エネルギー」を3枚まで選び、自分のポケモンに好きなようにつける。そして山札を切る。」という非常に優秀な効果をもった特性です。

《リザードンex》自身につけてアタッカーとして戦うのもよし、他ポケモンにつけてサポート役になるのもよし、と戦略の幅が広がります。

イーユイex

イーユイex》のワザ【フレイムサージ】は、100ダメージ「自分のベンチポケモンを3匹まで選び、山札から「基本炎エネルギー」を1枚ずつつける。そして山札を切る。」という効果をもつため、相手バトル場のポケモンに100ダメージを与えつつ、ベンチのポケモン3匹に、山札から炎エネルギーをつけることができます

ワザを使うためのエネルギーが2個(炎エネルギー2個)、逃げるためのエネルギーが1個なので、非常に扱いやすいポケモンです。

ゴウカザル

この特性でエネ加速する

特性【かえんぶとう】

自分の番に1回使える。自分の手札から「基本炎エネルギー」と「基本闘エネルギー」をそれぞれ1枚まで選び、自分のポケモンに好きなようにつける。

ゴウカザル》の特性【かえんぶとう】は、自分の手札から「基本炎エネルギー」と「基本闘エネルギー」をそれぞれ1枚まで選び、自分のポケモンに好きなようにつけることができます。

「基本炎エネルギー」と「基本闘エネルギー」を加速できるので、炎タイプのポケモンと闘タイプのポケモンを採用しているデッキで活躍できます。

その他の「エネ加速」手段

名前種類説明
ミラージュゲートグッズこのカードは、自分のロストゾーンにカードが7枚以上あるときにしか使えない。
自分の山札から、それぞれちがうタイプの基本エネルギーを2枚まで選び、自分のポケモンに好きなようにつける。そして山札を切る。
あとだしターボグッズこのカードは、後攻プレイヤーの最初の番しか使えず、使ったら、自分の番は終わる。
自分の山札から基本エネルギーを1枚選び、自分のポケモンにつける。そして山札を切る。
エネルギーシールグッズコインを1回投げオモテなら、自分のトラッシュから基本エネルギーを1枚選び、ベンチポケモンにつける。
エネルギーつけかえグッズ自分の場のポケモンについている基本エネルギーを1個選び、自分の別のポケモンにつけ替える。
オモダカサポートこのカードを使った番の終わりまで、自分のポケモン全員は、ワザが使えない。(新しく場に出したポケモンもふくむ。)
自分の山札から基本エネルギーを2枚まで選び、自分のポケモン1匹につける。そして山札を切る。
サカキのカリスマサポート相手のバトルポケモンについているエネルギーを1個選び、相手の手札にもどす。その後、自分の手札からエネルギーを1枚選び、バトルポケモンにつける。
オーリム博士の気迫サポート自分の「古代」のポケモンを2匹まで選び、トラッシュから基本エネルギーを1枚ずつつける。その後、自分の山札を3枚引く。
マリィのプライドサポート自分のトラッシュから基本エネルギーを1枚選び、ベンチポケモンにつける。
ポピーサポート自分の場のポケモン1匹についているエネルギーを2個まで選び、自分の別のポケモン1匹につけ替える。
ワザマシン エナジーターボポケモンのどうぐ自分の山札から基本エネルギーを2枚まで選び、ベンチポケモンに好きなようにつける。そして山札を切る。
ヘビーバトンポケモンのどうぐこのカードをつけているにげるためのエネルギーが4個のポケモンが、バトル場で相手のポケモンからワザのダメージを受けてきぜつしたとき、そのポケモンについている基本エネルギーを3枚まで選び、自分のベンチポケモンに好きなようにつけ替える。
学習装置ポケモンのどうぐ自分のバトルポケモンが、相手のポケモンからワザのダメージを受けてきぜつするたび、そのポケモンについている基本エネルギーを1枚選び、このカードをつけているポケモンにつけ替えてよい。
力の砂時計ポケモンのどうぐ自分の番の終わりに、このカードをつけているポケモンがバトル場にいるなら、自分のトラッシュから基本エネルギーを1枚選び、そのポケモンにつけてよい。

-エネ加速手段