広告 デッキレシピ

【ポケカ】「スペシャルころころ」の火力がヤバい!チラチーノ型ルギアデッキレシピ

2024年2月11日

チラチーノ型ルギアVSTARデッキ

《ルギアVSTAR》でデッキを作りたい!

《ルギアVSTAR》はどのポケモンと相性がいいの?

今回は《チラチーノ》と組み合わせた《ルギアVSTAR》デッキレシピを紹介します。

チラチーノ型《ルギアVSTAR》デッキレシピ(白ルギアデッキ)

チラチーノ型ルギアVSTARデッキ

デッキコード:cx88cx-V17UrQ-xx8a48

ルギアVポケモン(たね)3
ルギアVSTARポケモン(V進化)3
アーケオスポケモン(2進化)4
チラーミィポケモン(たね)3
チラチーノポケモン(1進化)3
カビゴンポケモン(たね)1
イキリンコexポケモン(たね)1
ミュウexポケモン(たね)1
ネオラントVポケモン(たね)1
かがやくリザードンポケモン(たね)1
ハイパーボールグッズ4
ネストボールグッズ2
キャプチャアロマグッズ3
マスターボールグッズ1
博士の研究サポート4
ナンジャモサポート3
ボスの指令サポート3
ザクロサポート1
テーブルシティスタジアム2
崩れたスタジアムスタジアム1
ダブルターボエネルギー特殊エネルギー3
ェットエネルギー特殊エネルギー3
ギフトエネルギー特殊エネルギー4
ミストエネルギー特殊エネルギー2
セラピーエネルギー特殊エネルギー1
ルミナスエネルギー特殊エネルギー2

《ルギアVSTAR》デッキレシピ解説・デッキの回し方

《チラチーノ》のワザ【スペシャルころころ】の火力がヤバい!

《チラチーノ》のワザ【スペシャルころころ】は、「このポケモンについている特殊エネルギーの枚数×70ダメージ。」という効果のため、《チラチーノ》に特殊エネルギーがたくさんついていたら、HPの高いポケモンを一撃で「きぜつ」させることができます

  • 特殊エネルギー1枚:70ダメージ
  • 特殊エネルギー2枚:140ダメージ
  • 特殊エネルギー3枚:210ダメージ
  • 特殊エネルギー4枚:280ダメージ
  • 特殊エネルギー5枚:350ダメージ

シングルポケモンでHP330の《リザードンex》やHP280の《ピジョットex》《ギラティナVSTAR》などを倒せる火力があります。

ただ、ワザ【スペシャルころころ】の火力をあげるには、《チラチーノ》に特殊エネルギーをたくさんつける必要があります

チラチーノ型《ルギアVSTAR》デッキの基本的な回し方は次のとおりです。

  • 山札にある《アーケオス》をトラッシュする
  • 《ルギアVSTAR》の特性【アッセンブルスター】で、トラッシュにある《アーケオス》を2匹ベンチに出す
  • 《アーケオス》の特性【プライマルターボ】で、《チラチーノ》に特殊エネルギーをつける
  • 《チラチーノ》のワザ【スペシャルころころ】をつかう

《アーケオス》の特性【プライマルターボ】で《チラチーノ》に特殊エネルギーを4枚をつけ、さらに手張り1枚つければ、特殊エネルギーは合計5枚となり、《チラチーノ》のワザ【スペシャルころころ】で350ダメージ与えることができます。

《チラチーノ》が場に展開できていない場合は、《アーケオス》の特性【プライマルターボ】で《ルギアVSTAR》《アーケオス》《カビゴン》《ミュウex》のいずれかに特殊エネルギーをつけて戦います。

山札にある《アーケオス》をトラッシュする

《ルギアVSTAR》の特性【アッセンブルスター】は、「自分の番に使える。自分のトラッシュから無色ポケモン(「ルールを持つポケモン」をのぞく)を2枚まで選び、ベンチに出す。[対戦中、自分はVSTARパワーを1回しか使えない。]」効果があるため、トラッシュにある無色ポケモンをベンチに出すことができます。

無色ポケモン(「ルールを持つポケモン」をのぞく)なので、「ルールを持つポケモン」でなければ進化ポケモンをベンチに出すこともできます。

そのため、序盤は山札にある《アーケオス》をどうやってトラッシュするかを考えます。

以前は《バーネット博士》がありましたが、スタンダードレギュレーション変更により、Eレギュは使えなくなりました。

Memo

バーネット博士》※レギュレーションマーク E

自分の山札から好きなカードを2枚まで選び、トラッシュする。そして山札を切る。

そのため、デッキには《ハイパーボール》《キャプチャーアロマ》《マスターボール》《テーブルシティ》と進化ポケモンを山札から手札にもってくるカードをたくさん採用しています。

進化ポケモンを2枚持ってこれる《ジニア》を採用するのもありです。

手札に持ってきたあとは《イキリンコex》《ハイパーボール》《博士の研究》などの効果で《アーケオス》をトラッシュします。

また、サポート《ザクロ》を使ってトラッシュすることもできます。

Memo

ザクロ

この番、自分の闘ポケモンが使うワザの、相手のバトルポケモンへのダメージは「+30」される。

自分の番に、自分の手札(「ザクロ」をのぞく)を2枚トラッシュするなら、この「ザクロ」を自分のトラッシュから、相手に見せて、手札に加える。(この効果は、自分の番に使えるサポートの枚数にふくまない。)

  • 手札に《アーケオス》を2枚もってくる
  • サポート《ザクロ》を使う。
  • トラッシュにある《ザクロ》の効果を使い、《アーケオス》を2枚トラッシュする。

《アーケオス》を2枚を同時にトラッシュできるのは魅力的です。

《ルギアVSTAR》の特性【アッセンブルスター】で《アーケオス》をベンチに出す

山札にある《アーケオス》がトラッシュできたら、《ルギアVSTAR》の特性【アッセンブルスター】で《アーケオス》をベンチに出します

Memo

ルギアVSTAR》の特性【アッセンブルスター】

自分の番に使える。自分のトラッシュから無色ポケモン(「ルールを持つポケモン」をのぞく)を2枚まで選び、ベンチに出す。[対戦中、自分はVSTARパワーを1回しか使えない。]

早いターンで《アーケオス》をベンチに出せると、戦いを有利に進めていけます。

《アーケオス》の特性【プライマルターボ】で場のポケモンに特殊エネルギーをつける

《アーケオス》の特性【プライマルターボ】は、「自分の番に1回使える。自分の山札から特殊エネルギーを2枚まで選び、自分のポケモン1匹につける。そして山札を切る。」効果があるため、場のポケモンに特殊エネルギーを2枚つけることができます。

《アーケオス》がベンチに2匹いれば、合計で特殊エネルギーを4枚つけることができ「エネ加速」に困りません

場に《チラチーノ》がいれば、《チラチーノ》に特殊エネルギーをつけ、《チラチーノ》がいない場合は状況に応じて、《ルギアVSTAR》《アーケオス》《カビゴン》《ミュウex》のいずれかに特殊エネルギーをつけて戦います。

また、相手がサイドを4枚以上とっているのであれば《かがやくリザードン》に《ルミナスエネルギー》をつければ、ワザ【かえんばく】を使うこともできます。

Memo

かがやくリザードン》のワザ【かえんばく】:250

次の自分の番、このポケモンは「かえんばく」が使えない。

Memo

ルミナスエネルギー

このカードは、ポケモンについているかぎり、すべてのタイプのエネルギー1個ぶんとしてはたらく。

このカードをつけているポケモンに、このカード以外の特殊エネルギーがついているなら、無色エネルギー1個ぶんとしてはたらく。

-デッキレシピ